シリーズ紹介

女性をターゲットにした安心のセキュリティー

入居者様のターゲットは、こだわりの多い社会人女性です。快適かつ安心して暮らしていただけるように、一般的なアパートには採用されない防犯設備を導入。賃貸ショップの担当者様からも高い評価をいただいています。


アパートの常識を覆す優れた防音性能

2階の床面と1階の天井に独自の防音設計を施し、木造アパートの常識を覆す高い防音性を実現。隣室への音漏れは、防音性を計算した間取りで解決します。入居者が快適に生活できる設計で、堅実なアパート経営を支えます。

アイケンジャパン独自のSVC構造
(Sound Vibration Cut)

話し声や音楽などへの対策は、重たい材料を用いて音の透過を抑制。子供が走り回ったりする音に対しては、床自体の重さを向上させて床の振動を抑制します。椅子を引きずる音などは、弾力性のある素材が衝撃を吸収します。

防音効果を高める
こだわりの間取り

一般的なアパートは生活スペースが壁1枚で仕切られているため、隣室へ音が通り抜けやすくなります。アイケンジャパンのアパートは、各部屋を水廻りで仕切る間取りを採用。防音効果を高め、プライバシーを守ります。


地震や台風に強い優れた免震・耐震構造

すべてのアパートに、当社独自のBSP構造(Basic rubber Seismic board Protect)を採用。耐震性能は、建築基準法で定められている基準の約1.3倍。劣化対策等級は最高レベルの等級3に適合しています(平成29年3月以降販売物件)。

免震性能を高めるキソゴムを採用

アパートの土台と基礎の間に設置する積層ゴム“キソゴム”により、建物に伝わる揺れを軽減。キソゴムが振動や衝撃を吸収することで新築時の剛性が維持され、建物の長期的な耐震性能をサポートします。

地震や突風から建物を守る耐力壁

一般的な木造アパートの壁は骨組みだけなので、地震や突風によって水平力が加わると変形する恐れがあります。一方アイケンジャパンは、壁の変形に対抗する「耐力壁」を多用。高い耐震・耐風性、耐劣化性を誇ります。

ページのトップへ